株式会社riserise

2018.04.02 01:47

母の日といえば

2018年は、5月13日が母の日です!
もう準備を整えておられるお店さまがほとんどかもしれません(*’▽’)

 

ところで、母の日といえば赤いカーネーション。

 

贈るのはもちろん、ラッピングでも用いられたリ大活躍。
街のいたるところで赤いカーネーションが使われた広告も見られます。

 

何故、赤いカーネーションと考えられたことはおありですか?

 

その理由は母の日のはじまりに遡ります(/・ω・)/すごい

いくつか起源があるようですが、日本に来たのはアメリカ式のようです。

—–


1907年5月12日、一人の娘さんが亡き母を偲び、
母親が教師をしていた教会で記念会を開きました。
その時母の愛した白いカーネーションを皆さんに贈ったそうです。


—–

母を思う起源はここにあるんですね~(*´ω`*)あったか~い

 

……あれ?だな?(._. )

 

というのも、この会が母の日として支持されていく過程で

 

母親が健在であれば「赤」

母親が故人であれば「白」

 

のカーネーションをつけるような習慣ができたようです。

でも母を思う日に区別がつくようなことはやめよう!

ということになり

 

赤いカーネーションのほうが普及したようです!

 

 

なるほど…(._. )

(サックリ調べただけなので、所説ありそうです…)

 

そんなこんなで

母の日に赤いカーネーションが普及した日本。

 

花言葉を変えちゃいました!

「哀れな心」→「母への愛」

すごい素敵になりましたね?!

 

調べるまでは、この花言葉だから贈るんだな~と思っていました…
まさかの後出しだった……(*’▽’)そんな…

 

でも西洋では元より

My heart aches for you あなたに会いたくてたまらない
deep love 深い愛
admiration 敬愛、感嘆

というような花言葉がついているようで
これで良かったのかもしれませんね(´▽`*)

 

調べてみると、思っていたよりちゃんとした、素敵な起源でした。

祝日や記念日の由来を知ると、いっそ大切にできますね。

 

 

素敵な母の日をお迎えください!

COMPANY INFORMATION

株式会社rise

〒586-0011 大阪府河内長野市汐の宮町6番3号